奈良なおし

奈良なおしの決意

奈良なおしの決意

私は一級建築士として、多くの建築物を計画し、実際の建築を行ってまいりました。

家族やライフワークの変化と共に間取りが、使い方が変わる事は良くあることで、計画するときから常に「見なおし」があることを前提に仕事をしています。

では、政治の世界ではどうなのでしょうか?
平成という30年の時間、私たちは数多くの危機に直面し、政治が発した言葉は「想定外」

今ある安心安全や、生活の水準を維持・向上するためには、「想定外」を「想定内」に変えてゆく取り組みを続けていくこと、また、こうした安心安全を支える経済力を高め、人口減少に対応するために訪れたい、住みたい、人を引きつける厚木をつくらなければなりません。

私たちが住みよい街は、訪れる人にとっても楽しい街です。
住みよい街にするために市民の皆さんの声をしっかり聞き、良いものはより伸ばし、問題ある者はその解決を図りながら皆さんと共に作っていきたいと考えています。

「市政をみなおし!」は、今あるものに満足せず、今日より明日が、明日より明後日が、幸せで、安心でき、安全に暮らせるように考えつづけ「見なおし」つづけなければならないスローガン。

どうかご支援賜りますようお願い申しあげます。

 

令和元年 奈良なおし

ページトップへ戻る